居酒屋のおかみさんから学んだこと

2019/12/14 04時

こんにちは!スタッフの菊地ですヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

師走ということで菊地も三浦も最近はあちこちに動き回り、「疲れが抜けない…;つД`)」とこぼしているこの頃ですが、年末に向けて皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

 

今日のテーマは「居酒屋のおかみさんから学んだこと」ということですが、お店に行くことが滅多になくなった菊地ですが、先日大館市内のとある居酒屋さんにご飯を食べに行きました。

その居酒屋さんは70代のおかみさんが一人で切り盛りしているお店なのですが、その日は猛吹雪だったこともあり、お客さんは自分と友人の2人でした。

 

初めて行くお店でしたが、アットホーム感が心地よく、おかみさんと3人で色々な話で盛り上がりました(*^▽^*)

その中で特に印象に残った、今後の生き方の参考になる話をご紹介しようと思います。

 

 

「若いうちにやりたいことやった方がいい!」

 

 

よく聞く言葉ですし、「そうだよなぁ」と思う方も多いのではないかと思います。

ただ、頭では理解している方は多くても、その通り実践できている方は実はそんなに多くないのではないかと思います。(自分もその一人です)

そもそもやりたいことがわからなかったり、やりたいこと、挑戦してみたいことはあるけど、今の生活を変えることはできない…などなど、やらない、やれない理由は様々だと思います。

 

色々な生き方がありますし、「やりたくないけど、生活のために一生懸命働く」というのも素晴らしい生き方だなぁと思います(*^-^*)

その反面、やりたいことがあるのに、チャレンジできないまま人生を過ごすのはどうなんだろう?という疑問のようなものも自分の中にはありました。

 

そんなときにおかみさんの話を聞きました。

おかみさんは20代半ばでお店を始め、今では40年以上続いています。

以前のブログにも書いたように、40年以上物事を継続されていることについても「すごいなぁ」と胸を打たれましたが、お店を始めた当時の話にも深く考えさせられました。

 

20代でお店を始めるときには、当時は近く営林署や工場などがあり、たくさんの働き手が行きかっていたそうです。

働く方々にご飯を食べてもらいたいという一心でお店を始めることにしたそうですが、その資金として現在のお金で約1,000万円の借金をしたそうです( ゚Д゚)

当時はお金を返せる見込みなどどこにもなく、不安は大きかったものの、やりたいことを実現するために思い切って飛び込んでみたそうです。

 

開店してすぐに近所の方々や仲間がお店に来てくれ、色々なことを手伝い、支えてくれたことを今でもはっきり覚えているそうです。

様々な苦労をしながらも、お店は波にのり、そして今ままで続いているそうです。

 

 

「若いうちにやりたいことをやったほうがいい!」

 

 

言ったのはそのおかみさんです。

そういった経験があり、そして今を幸せに生きられているから、その言葉を自分達に伝えたのかなぁと思います。

1,000万円の借金をしてでもやりたいことをやっていく覚悟は相当のものだったでしょうし、大変なことも数えきれないほどあったのだと思います。

 

じゅあ今すぐ1,000万円借りられるかと言われれば、そんな覚悟はありません…((+_+))

ただ、やりたいことを内に秘めて、自分を押し殺したまま人生を終えていくのはやはりもったいないなと感じました。

もちろん、今の生活があり、変えられないところもたくさんあります。

ですが、以前のブログでも書いたような時間の遣い方、考え方を変えていけば、変えられるところもあるのではないかと思います。

 

繰り返しになりますが、

 

「若いうちにやりたいことをやったほうがいい!」

 

という言葉はよく聞きますし、年上の方に言われたことがある人も多いと思います。

でも、よく考えると”よく聞く”ということは、それだけ核心をついた言葉なのではないかなぁと思います!(^^)!

「やりたいことをやる」というのは不安もつきものですが、「自分らしく生きる」第一歩なのではないでしょうか?(*^_^*)

 

色んなところに人生を歩むヒントがあるんだなぁと感じた1日でした!

これからもアンテナを張り巡らせて、色々な考え方をキャッチしていきたいと思います!

 

 

P.S

そんなこんなで、センターでも新しい試みを始めてみようかと企み中です。こうご期待!

2019/12/14 04時|

引用元:http://kodomocenter.com/blog/01769/

文字の大きさを変更する。

  • 小
  • 中
  • 大

2020/01/29
1位足場やろう! 「落ちこぼれダイが足場職人になるまで」(88PT)
鳶・土工・一般仮設工事 有限会社 松村工務所
今年は雪が少ないことに幸いと幸いでない「建設業界」でもあります。 http://blog.erita-enikki.com/営業えりたの公式ブログ(ライブドアブログ公式ブロガー) 高校中退のダイが、足
2018/06/21
2位水着コンテスト出場者募集(72PT)
第16回水着コンテストの出場者を募集します! 出場するだけで5千円とメロン1玉が貰える大人気の太っぱらイベントです。 優勝者には賞金10万円とサンルーラル大潟のペア宿泊券が送られます。 他にも豪華賞品
2018/01/06
3位能代春慶展(57PT)
イベント– NPO法人能代観光協会
能代市が所有する江戸時代以降の能代春慶を約800点展示! 秋田音頭に唄われている能代春慶の特色は、仕上がりの色が透明感豊かな黄色であることです。そのためヒバの木目が自然に活かされて、時代を経るごとに金
2018/04/04
4位『松雲堂』の”花見だんご”と”雲平鯛”(57PT)
能代でらっと情報
でらっと20号です(・∀・)つ今日の能代は雨が降り続いて肌寒い一日でした。皆様、お体にはお気をつけてお過ごしください!春本番はまでは、もう少し花見だんごをいただきながら、暖かい春の陽射しと桜の開花を待
2018/03/01
5位DPC制度導入による 『 DPC対象病院 』 へ移行のお知らせ(49PT)
能代山本医師会病院
 当院は平成30年4月1日から、厚生労働省が推進するDPC制度を導入し、「DPC対象病院」となります。 これにより、平成30年4月1日以降に入院される患者さんの入院診療費の計算方法が、従来の「出来高払
2019/06/27
6位#朝霧の斗星たち を読了。 #斗星北天にあり と読み比べて #安東愛季 に興味が尽きません。 #太田實著(48PT)
能代まちなかブログ
2018/04/23
7位制服リユース事業(48PT)
能代市社会福祉協議会では、制服リユース事業を始めました。   ※リユースとは、使用済製品をそのままの形で再利用することです。   【連絡・お問合せ】 能代市社会福祉協議会 〒016
2018/11/02
8位本日のランチは、ザザーメンでした。秋田県能代市二ツ井町 食道楽(48PT)
能代まちなかブログ
2019/01/23
9位能代市火災における消防職員の殉職について(46PT)
佐藤ともかず後援会|能代市議会議員(秋田県)
1月22日早朝に能代市富町で発生した火災に際し、能代消防署職員2名の尊い命が失われたことに関し、大変無念でなりません。 今回の火災では、専門家でも予測が困難とする「フラッシュオーバー」が発生したのでは
2019/11/12
10位ピュアポリウレア工業研究会(44PT)
このたび、ピュアポリウレア工業研究会東北支部総代理店として登録され、 施工地域東北6県にてポリウレアの営業および施工に携わります。 【ポリウレアとは】 吹付けから数分で乾き、1~2時間で硬化する樹脂化

Copyright © 2014-2018 All Rights Reserved.