「○○しなければ…!」

2021/01/25 02時

こんにちは!スタッフの菊地です(*^^)v

 

土曜日はブログを更新する時間もとれず、月曜日の午後に書いております。

楽しみにしてくださっている方(←どれくらいいるかな?)、更新が遅れて申し訳ございません(;・∀・)

 

今回は謎の題名で書き始めましたが、人類の永遠のテーマみたいな内容で、まとまらない文章になる可能性が大ですが、ご容赦ください。完全に見きり発進です(笑)

そして、完全に個人的な考えと憶測で書きますので、あまり真にうけないで流すように読んでもらえるとありがたいです( ゚Д゚)

 

 

「○○しなければ…!」という思いに駆られることはありますか?

「家事をしなければ」「仕事にいかなければ」「明るく振る舞わなければ」「お金を貯めなければ」…「○○しなければ…!」という場面は1日の中でも実は結構あるのではないでしょうか?

「しなければ…!」と分かっていても「面倒だなぁ」「疲れるなぁ」という気持ちと闘うことも多いのではないかと思います。

 

 

自分のことを少しお話すると、この「○○しなければ…!」という感覚がものすごく強いのだと思います。

その中でも特に「よく見せなければ!(嫌われないようにしなければ!)」「完璧にこなさなければ!」「一生懸命やらなければ!」といった考えが無意識に自分の中の当たり前になっているなぁと感じることがあります((+_+))

 

いわゆる「ええふりこぎ」がものすごく強いのだと思います。

 

そして、(意識はしていなくても)それに従って生きてきました。

なので色んなことに一生懸命取り組みますし、突き詰めるのである程度の完成度を保ったり、色んな人とそれなりに楽しく過ごしたりできたんじゃないかなと思います。

 

 

ただ、それに囚われてとても苦しくなることもありました。

答えのないものにもこだわり過ぎて、身体的にも精神的にも疲れること。

常に明るく、いい人?でいなければいけないという勝手なプレッシャー。

際限のない理想や、それ故にうまくいかないときの苦しみ。

 

 

「○○しなければ…!」のいい面もあれば、他者の評価を常に気にしている苦しさのようなものも味わってきました((+_+))(今もですが)

 

 

 

ふと、なぜ自分はこんなに「○○しなければ…!」と思って無理をしてしまうのだろうと考えたことがあります。

正確な原因はわかりません。

おそらく育った環境が大きく影響しているのだとは思いますが、例えば親に「○○でなければだめ!」とめちゃくちゃ厳しくされた記憶もあまりないのです。

 

 

ただ、一つだけ気がついたのは、

 

「○○しなければ…!」

 

 

「…!」

 

の部分に悪い結果が隠れているということです。

(「よく見せなければ、自分は嫌われる!」「完璧にこなさなければ、できてないと怒られる!」「一生懸命やらなければ、成果が出ない!」といった具合で)

そして、その悪い結果を極端に恐れているということにも気づきました。

(なぜそこまで恐れているかはまだ研究中です)

 

 

よくない結果を認められないのです。

 

 

ざっくり言うと「否定される」ことが恐いのだなと思います。

1+1=2くらい当たり前のことかもしれませんが、そこに自分の生きやすさ/生きづらさのポイントがあるのではないかと考えています。

 

 

「否定される」のは誰でも当たり前に怖いと思いますが、人によってその怖さのレベルは異なっていて、「そんなに気にしない」という人もいます。

(「怖い」と思う人がダメと言っているのではありません)

 

 

もし自分が、「…!」の部分の悪い結果を受け止める覚悟や気にしないで済む度量があれば、「○○しなければ…!」と迫られて物事に取り組むこと、本心に背いて行動することも少なくなるのかなと考えています(*^-^*)

 

「好きなものは好き、嫌いなものは嫌い」というように、他者の評価を中心に生きるよりも「自分を素直に出す」ことの比重を少しでも増やしていければ、自分に余計な無理をかける必要がないのかな、と。

 

 

つまづきを経験した人ほど「本当はこうじゃないと…!」「他の人と同じような人生を歩かないと…!」という思いをもちやすいのかもしれません。(自分自身もまだまだ強いと思います)

 

そういった考えをもつことは必ずしもマイナスとは言い切れませんが、きっと苦しさもあるのではないでしょうか?

簡単なことではありませんが、「…!」の部分に何が隠れているのか、それについて自分は何を感じているのかをまずは見てみるのも大事かもしれません。

それを気にしなくなるためには何が必要かは試行錯誤しかありませんが(/・ω・)/

 

 

(他者の評価を気にして)「やるべきこと(やるべきではないこと)」の他に「やりたいこと(やりたくないこと)」という基準があります。

もちろん生活の中で全てやりたいことを通せるわけではありません。(バランスは試行錯誤中…)

ただ、「やりたいことをやる、やりたくないことをやらない」というのは「自分を素直に出す」ことだと思います。

その基準は「○○しなければ…!」と迫られている人にとって、難しくもあり大切なものだと感じています。

 

 

もし、「○○しなければ…!」「こうあらねば…!」と苦しんでいる人がいれば、「…!」の部分は気にせず(めちゃくちゃ難しいですが)「やりたいことをやる!やりたくないことはやらない!それだけでいい!」という基準で一度行動してみるのもありだと思います(*^▽^*)

菊地自身も「自分を素直に出す」人生を目指して、試行錯誤しながら進んでいこうと思います!

簡単に変われない自分も認めつつ、焦らず一歩ずつ。

 

 

頭ではわかっていても感情はなかなかついてこないですよね。

わかります。(笑)

ただ、出口のない苦しさの中で一つの考え方として書いてみましたので、少しでも参考になればと思います(#^^#)

では、また次回のブログで(*´ω`*)

 

P.S

「読んだ人どう思うかな…」という思いがちらつきますが、まず書きたいこと書いたからよしとします!公開!えいっ!

2021/01/25 02時|

引用元:http://kodomocenter.com/blog/02327/

文字の大きさを変更する。

  • 小
  • 中
  • 大

2020/12/03
1位川村様からコメントを頂きました。(160PT)
あきたの材木屋
柳谷様   テーブルが届きました! びっくりするくらい、綺麗で真面目で素敵なものでした! 梱包も丁寧で嬉しくなりました。 インターネットで買う不安がありましたが、いいお買い物ができて最高です
2020/01/29
2位足場やろう! 「落ちこぼれダイが足場職人になるまで」(105PT)
鳶・土工・一般仮設工事 有限会社 松村工務所
今年は雪が少ないことに幸いと幸いでない「建設業界」でもあります。 http://blog.erita-enikki.com/営業えりたの公式ブログ(ライブドアブログ公式ブロガー) 高校中退のダイが、足
2020/12/07
3位◎動物や乗り物のコースターを作ろう!(77PT)
◎動物や乗り物のコースターを作ろう&木のおもちゃで遊ほう!   モビールやオーナメントにもなるよ♪   日時:令和3年1月9日(土)10時00分~15時00分   場所:
2018/06/21
4位水着コンテスト出場者募集(65PT)
第16回水着コンテストの出場者を募集します! 出場するだけで5千円とメロン1玉が貰える大人気の太っぱらイベントです。 優勝者には賞金10万円とサンルーラル大潟のペア宿泊券が送られます。 他にも豪華賞品
2020/12/03
5位GビズIDで事業負担を一気に軽減!・・・出来るかな・・(63PT)
佐藤ともかず後援会|能代市議会議員(秋田県)
GビズIDをご存知でしょうか? 過去の記事では労働保険の電子申請に役立てられるe-GOVに挑戦しようとしました。 e-Govで電子申請に挑戦(2020年8月24日) 結果はmacは使用不可とのことで即
2019/11/12
6位ピュアポリウレア工業研究会(60PT)
このたび、ピュアポリウレア工業研究会東北支部総代理店として登録され、 施工地域東北6県にてポリウレアの営業および施工に携わります。 【ポリウレアとは】 吹付けから数分で乾き、1~2時間で硬化する樹脂化
2016/10/12
7位お品書きリニューアル(54PT)
お品書きを見直し、リニューアルしました。 能代山本の特産品を増やし、皆様にお楽しみいただけるよう料理に工夫をしております。 ぜひともご来店いただき、ご賞味くださいませ。 今後ともご愛顧のほどよろしくお
2018/01/06
8位能代春慶展(53PT)
イベント– NPO法人能代観光協会
能代市が所有する江戸時代以降の能代春慶を約800点展示! 秋田音頭に唄われている能代春慶の特色は、仕上がりの色が透明感豊かな黄色であることです。そのためヒバの木目が自然に活かされて、時代を経るごとに金
2020/12/06
9位12月6日 イベントのお知らせ(51PT)
農産物直売所ねぎっこ村
12月6日 イベントのお知らせ   農家の母ちゃん手作りがっこ祭り9:00~   ★旬の野菜を美味しく漬けたお漬物を販売いたします。  大人気のソフトクリームが6日はイベント価格!
2018/06/22
10位福島県からM様御家族が来店してくれました。(50PT)
あきたの材木屋
今日は福島県からM様お家族が来店してくれました。311で家が津波で流され高台に新築を建てると言う事でした。ご予算に合わせた一枚板を私も含めて話し合い決まったのが霧島杉一枚板と秋田杉一枚板。長さ、幅の確

Copyright © 2014-2018 All Rights Reserved.